パンを使った介護レシピ

豆乳を使ったフレンチトースト

パンを使った介護レシピですが、今では健康ブームの影響もあり豆乳フレンチトーストのようなレシピが人気です。

フレンチトーストというと、牛乳を使って作るもの・・・というイメージがあります。
ですが、近年ではこのようなタイプのフレンチトーストより、豆乳を使ったほうが良いという意見が増えているのです。

というのも、豆乳はしっとりとした味わいになっているので、そもそも、牛乳嫌いの人でも楽しく食べられるという良さがあります。
牛乳によっては、焦がしてしまうと嫌な匂いが発生してしまうもの、もしくは、牛乳そのものをあまり飲まないという人では、舌触りが良くないだけでなく、飲むことそのものが少ないので、余らせてしまうというもったいなさがあるのです。

しかし、豆乳は牛乳のように飲むことができるだけでなく、豆乳プリン、豆乳ゼリーのように、プリンやゼリーに加工するのも難しくありません。
しかも、豆乳には大豆イソフラボンが含まれているのです。
大豆イソフラボンは加工されているものほど、大豆イソフラボンの量が少なくなるとされているのですが、近年では、大豆イソフラボンの量を減らさない加工技術も存在するので、このような面でも高い評価を得ています。

豆乳フレンチトーストの作り方ですが、豆乳そのものに数分間だけ浸して、後は、バターを弱火でとかしたフライパンに対して、豆乳が染み込んだトーストを置いて焼くだけです。

ただ、味わいはそこまでしっかりとしていないので、味わいを良くしたい場合は、ジャム、ベリーなどをつけて食べるようにしましょう。
もしくは、シナモンパウダーを塗って食べるという手もありです。
豆乳フレンチトーストは、このようにあらゆる食材との相性も良いので、今ではパンを使った介護レシピの中でも人気が高くなっています。

簡単に調理できるピザトースト

パンを使った介護レシピの中には、誰でも簡単に調理できるピザトーストのような食べ物もあります。

ピザトーストは、食パンに対してピザ用チーズを乗せて焼くだけで問題ありません。
簡単に作れるのですが、日本人はチーズの栄養をあまり摂取しておらず、その影響で体幹が優れない人が多いとされています。
高齢者の場合、足腰の負担が増えてきた・・・と感じるほど、チーズを含む乳製品の摂取量が少ないため、骨粗鬆症のような骨の問題を抱えることが多いのです。

チーズには大量のミネラルが含まれています。
そんなミネラルだけでなく、チーズにはタンパク質も含まれているので、これから健康的な毎日を過ごしたいという人ほど、ピザトーストを食べてみると良いでしょう。
味わいの変化も作りやすいので、トッピングそのものを楽しめるパンを使った介護レシピでもあります。