肉を使った介護レシピ

介護レシピでも鍋料理が流行っている

肉を使った介護レシピの中には、定番の肉を使った介護レシピとして揚げ物、焼き物などがまず挙げられます。
ですが、近年になってその事情がずいぶんと変わってきました。
というのも、今では肉を使った介護レシピの中に、鍋料理が続々と入ってきているからです。

鍋料理というとボリュームがあるので食べづらい、もしくは太ってしまう・・・という声も多いので、敬遠されている方も多くいらっしゃるでしょう。
ですが、今では以下のような鍋料理が流行っているので、今では鍋料理の問題点が少しずつ払拭されている時代となっているのです。

まず、鍋料理のボリュームですが、今では1人用の鍋、そしてそんな鍋専用の出汁が存在します。
出汁と言っても、塩味、味噌味、コンソメ味、醤油味、鶏がらスープ・・・というように、定番のものばかりとなっておりますので、味わい的に大きな変化が無い状況となっています。
ですが、プチッと先端部分を押すだけで、中身(出汁)が出てくる仕掛けになっているので、調味液としても問題のない作り、価格設定になっているところが、肉を使った介護レシピでも採用されるようになった理由でしょう。

また、鍋料理はバリエーションも豊かになりました。
例えば、肉などを用いた料理では、昔であれば豚肉、牛肉、鶏肉のトリオとなっていました。
ですが、今では鹿肉、猪(いのしし)肉、ヤギ肉なども追加されて、新しいトリオが誕生しているのです。
これらの肉は味わいに癖があるのですが、どの肉もタンパク質が豊富なので、骨や筋肉が弱っている人にとっては、嬉しい栄養素が充実している食べ物でもあるのです。

これらの鍋料理は、作り方も難しくありません。
というのも、野菜セットと呼ばれている、鍋や焼き物で良く使用されている食材のセットが、スーパーでまとめて売られているからです。
なので、最初は野菜を煮込み、その後に肉を煮込んでから、しんなりとするのを待ちます。
後は、先ほどの鍋のサイズに見合った調味液を入れて、さらに煮込めば肉を使った介護レシピの完成となるのです。

低温調理も介護レシピと相性が良い

近年では、肉を使った介護レシピでも低温調理を使用したものが増えてきました。

低温調理とは、中火より弱い火力でゆっくりと食材(主に肉)を焼くというテクニックです。
低温調理は、肉の中に多く含まれている脂を外に出さない調理法でもあります。
このような調理法が、肉を使った介護レシピで良く見かけるようになった理由は、低温調理であればサッパリとした味わいになるからです。
肉は薄切りのものでも効果がありますし、また、レアに近い柔らかい食感も維持できるため、歯が弱っている人のレシピでも良く採用されています。