きのこを使った介護レシピ

小松菜を使ったオイスター炒め

ビタミンが多く含まれている小松菜を交えて、きのこを使った介護レシピを紹介しましょう。

近年では、ビタミンについて注目されている料理が増えていますが、これはきのこを使った介護レシピとも関係があります。
というのも、介護で重要となる栄養素はビタミンだからです。

ビタミンというと粘膜といった、体を保護する膜に対して影響があると思われがちです。
ですが、実際は体内に存在している血液、そして新陳代謝を活性化させる内臓に対しても影響があり、ビタミンを正しく摂取しているほうが、若々しい体を手に入れられるとされているのです。

しかし、小松菜を使ったオイスター炒めを作る際も、以下に注意して作るようにしてください。
まず、小松菜でもそうですが、ビタミンが豊富な食べ物は細かく切り刻まないようにします。
切った際にもビタミンがこぼれ出ていくので、なるべく指でちぎる程度に留めたほうが、健康的なきのこを使った介護レシピとなるでしょう。

また、小松菜、きのこをオイスターで炒めるわけですが、これにも理由があります。
オイスターで炒めた場合、オイスター(液状)が保護膜として、小松菜、きのこを覆ってくれるという良さがあり、その影響でオイスターを使用したほうが良いとされているのです。

しかも、このきのこを使った介護レシピを調理そのものも簡単です。
小松菜は一口サイズに切り分けるだけで良く、きのこ類(主にしいたけ)についても、それほど細かく刻む必要はありません。
細かく刻む場合も4等分を意識して切り分けるだけで良いので、時間を気にせず作れるというメリットもあります。
ただ、小松菜、しいたけなどには汚れが付着しているので、しっかりと水洗いすることが大事です。

そして、後はフライパンを用いて中火で炒めるだけで問題ありません。
少しでも食材に焦げが見え始めた際は、すかさずオイスターと絡めて匂いが立ち込めてきた際は弱火にして、中までしっかりと温めるように調理しましょう。
もし、味わいを濃くしたいのであれば、オイスターだけでなくにんにくのスライス、粗挽き胡椒を使用して味わいをより濃いものにするという手もあります。

バーベキュー風の調理も良い

もし、バーベキュー風の調理を行ってみたいという場合は、きのこ、野菜、肉類を刺して調理すると良いです。

ワイルドな料理のように感じますが、大きな肉類(ブロック肉など)は刺しづらいので、ボリュームはそこそこというヘルシーな料理が完成します。
また、細かく包丁で加工されていないものほど、歯ごたえがしっかりとしているので、歯を使う練習にもなりますし、また、食材の焼ける音が良い感じで食欲をそそってくれます。