高齢者に喜ばれる絶品主菜レシピ

DV169

高齢者の方も満足できるレシピをご紹介

レシピにはさまざまなものがありますが、高齢者の方向けのレシピもたくさんあります。
そして、その中でも絶品と感じてもらえるようなおいしいレシピもあります。
高齢者の方は栄養に気をつける必要がありますが、ときにはこうした絶品レシピで喜んでもらうのも良いことですよね。

ここでは高齢者の方の介護食としても好評の絶品レシピをご紹介します。
これで高齢者の方も毎日の食事をより楽しんでくれるようになるので、ぜひ作ってみることをおすすめします。
絶品レシピはそれほど難しいものではなく、きちんと準備して作れば誰でも作ることができます。
ぜひチャレンジしてみてほしいと思います。

ほうれん草のハンバーグはおすすめの一品

絶品レシピの例としておすすめなのはほうれん草のハンバーグです。
ほうれん草を効果的に使ったハンバーグでおいしいながらも栄養素も満点です。
そのため高齢者の方にもとても良いメニューとして、介護食として提供されることもあります。

用意するものはまずはほうれん草です。
これがないと始まらないと言えるような大切な食材で、2人分を作るなら100gほど用意しましょう。
次に用意するのは合挽き肉150gほど用意しましょう。
これをこねてハンバーグにしていくので、大切な食材と言えます。

さらに卵も必要です。
2人分で小さなサイズを1個用意すれば良いので比較的手軽です。
玉ねぎも必要です。
ハンバーグに玉ねぎを入れることはとても多いですが、こちらのレシピでもやはり玉ねぎは加えます。
3分の1個ほどを用意しておきましょう。

ハンバーグを焼くためのオリーブ油も必要です。
大さじ半分ほどの量を用意しておきましょう。
パン粉も必要です。
これはこねた合挽き肉の表面につけるためのものです。
ハンバーグにするために重要な役割を果たしてくれます。

味付けのために塩、こしょう、水、サラダ油も必要です。
塩は少々でも大丈夫です。
こしょうも少々です。
水は大さじ2杯を用意しましょう。
サラダ油は少々で大丈夫です。

付け合わせとしてニンジンのグラッセやマッシュポテトもあると良いです。
適量を準備しておきましょう。

ハンバーグを作ろう

これだけ準備が揃ったら、材料を混ぜてフライパンで焼き上げます。
両面を焦げ付かないようにしっかりと焼き上げれば完成です。
最後にケチャップを好みの量でかければ、高齢者の方もとてもおいしく食べてくれるはずです。

このように、ほうれん草のハンバーグは簡単にできて多くの高齢者の方に人気のメニューです。
ぜひあなたも身近な高齢者の方に作ってあげるのもおすすめです。
ほうれん草の水気はしっかりと切ることがポイントなので、忘れず行なうようにしてくださいね。