とっても便利!認知症介護のお役立ちグッズ

DSCF0487

認知症の介護で役立つグッズをご紹介

認知症の高齢者の方の介護は大変なことも多いです。
コミュニケーションを取るので手間取ることも多く、体力を使うこともあります。
そうした認知症の高齢者の方の介護の負担をなるべく軽くするために、使うと役立つグッズもあります。
ぜひ活用して、あなたの介護業務に役立ててみてほしいと思います。

ここでは認知症介護のためのお役立ちグッズをご紹介します。
参考にしてみてくださいね。

認知症介護のお役立ちグッズ4選

認知症介護のために役立つグッズのひとつめは、まずはホワイトボードです。
認知症の方の中には上手く会話ができない方もいるので、ホワイトボードがあると便利です。
文字を書くことで意思疎通が図れるので、コミュニケーションが取りやすくなります。

文字なら認知症の方でも書くことができる方も多いので、介護をする側にも認知症の方にもメリットがあります。
ホワイトボードはそれほど大きなものでなくても良いです。
手にもって文字がある程度書けるくらいの大きさがあれば良いので、比較的費用負担も抑えることができます。
ホームセンターで購入することができるほか、最近はインターネットの通販で購入するのも便利です。
安価に販売されており、手軽なので導入してみましょう。

2つめのおすすめグッズとして、デジタル電波時計もおすすめのグッズです。
デジタル式の良いところは、日付もしっかり表示されることです。
普通の壁掛け式の時計も良いのですが、日付も合わせて確認できるので、デジタル時計はとても便利です。
また、デジタル式は文字もハッキリしているので見やすく、認知症の方でもすぐに確認することができます。

デジタル電波時計も比較的安価に購入することができるので、購入してみるのもおすすめです。
安価なものなら1,000円ほどでも購入することができます。
こちらも時計店だけでなくインターネットの通販で購入できます。
ショップによっては送料無料で購入できることも多いので、色々なショップのデジタル時計をチェックしてみることをおすすめします。

エンディングノートもおすすめです。
最近話題になっているのが終活です。
終活は人生の最期のときを迎えるにあたり、決めておくと良いことをまとめておくノートです。
認知症の方にもとても便利なので購入しておきましょう。
本人の意思をしっかりと記録として残しておくことができます。

最期にお薬カレンダーもおすすめのグッズです。
これは一見見ると普通のカレンダーのように見えますが、袋状になっており、薬を入れておくことができます。
薬はうっかりしているとどこに置いたか分からなくなりがちですが、お薬カレンダーがあればそんな悩みともおさらばできます。

お役立ちグッズで介護をより楽に

以上、認知症介護のためのお役立ちグッズをご紹介しました。
参考にしてくださいね。