認知症ケア専門士の資格の取得方法!

認知症ケアの向上を目指す

日本は高齢化しており、高齢者が増えており、認知症の方も増えているので、介護現場でも認知症の方と接する機会は増えています。
そのようなこともあり、認知症の方へのケアの関心が高まり、認知症ケア専門士はメジャーな資格になっています。

この資格は民間団体が認定する民間資格ながらも、認知症ケアの知識や技術の向上、技能と合わせた倫理を供えるための知識などを学べます。
すでに資格の誕生は2005年と思ったよりも早く、受験者の中で介護福祉士の方が、一番多いです。
やはり高齢者と接する方ほど注目しており、ヘルパーなどの方も受験します。

資格を取得すれば、認知症の方との接し方のみならず、障害の特徴もわかります。
介護現場が浅い方は、認知症の方へのケアが心配となれば、取得して損は無いでしょう。
知識や技術、ましてや経験の無いまま接すると、利用者にも不安を与えます。
資格を取得し、知識や技術を得れば、利用者もその家族も安心するかもしれません。

資格取得は、受験しないとなりませんが、認知症ケアの実務経験が3年以上ないと受験資格を得られません。
実務経験ですが、ボランティアでの経験は、期間に含まれません。
一次試験は筆記となっており、二次試験では、グループを作りスピーチやディスカッションを行います。
さらには論述や面接があり、総合評価によって、合否が判断されます。

筆記対策は行いやすいですが、面接や論述の対策が、合否を分けます。
テーマは当日発表され、どのようなテーマにも対応できるように、いろいろな小論文を作成して練習しましょう。
スピーチなどでは、正解を答えることよりは、自分ならどう考えるのか、どう行動するのかを、主張することが大切であり、簡潔にまとめて答えられるようにします。

現場でどのように役立つ資格か?

資格を取得すると、介護現場で役立つことは間違いありません。

・認知症ケアを知識を持って行える
・一人一人の状態に合わせて対応できる
・日常で機能訓練を出来る

認知症の方には、相手のペースに合わせる、短い言葉で内容を伝える、理解するまで何度も伝える、相手の様子も観察し変化を察知するなどが必要です。
これらは頭で分かっていても、実際に現場で行うと違ってきます。
そのために、まずは資格を取得し、予備知識や技術を得ておくのです。
このような知識は介護現場で働いても、なかなか得ることは難しく、自分から学ばないとなりません。

知識を得れば、ケアでどう工夫すればいいかもわかり、時には、介護現場のチームで対応を共有する、新人スタッフに指導するときに勝つようも出来ます。
認知症ケアのみならず、高齢者介護にも役立つ内容なので、キャリアアップを目指すようない人にもおすすめです。