ホームヘルパーの資格の取得方法!

299704

ホームヘルパーの資格を取得しよう

ホームヘルパーは介護の資格のひとつとして最近取得する方も多い資格です。
最近の介護の流れとして、在宅介護が挙げられます。
介護はこれまで老人ホームなどの介護施設に高齢者の方が入居して行なわれるのが一般的でした。
ですが、介護施設が段々といっぱいになってきており、どこも入居が難しくなっています。

こうした流れから在宅介護が注目されてきています。
自宅で介護業務を受けることができれば介護施設に入居しなくても介護を受けることができ、高齢者の方も慣れた環境でそのまま過ごすことができるので、より安心した生活ができます。
ホームヘルパーは在宅介護で活躍する人材なので、今後も需要が高まると予想されます。
今のうちに資格を取得するのもおすすめです。

ここではホームヘルパーになるための資格取得のポイントについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

ホームヘルパーになるための資格取得

ホームヘルパーになるには、ホームヘルパー2級以上の資格を取得することが必要になります。
資格取得のためには指定の講座を受けてその内容を習得し、修了する必要があります。
また、講座の最後には試験が設けられており、その試験に合格することでホームヘルパー2級の資格を取ることができます。

ホームヘルパー2級の資格は誰にでも取り組みやすい資格で、すごく難関と言えるようなレベルの資格ではありません。
そのため、これから目指そうと思うけれど自分でも取ることができるかという方もチャレンジしてみる価値はあると言えるでしょう。
きちんと講座を聞いて勉強すれば問題なく資格を取得できる可能性も高いです。

筆記試験は以前は設けられていませんでしたが、今では介護職員初任者研修というものに移行しており、ここから試験が設けられることになりました。
満点できないと合格にならないということはなく、目安として6割ほど取れていれば合格になることが多いです。
そのため、あまり不安になりすぎることなく、まずは目の前の勉強をしっかりしていくことをおすすめします。

講座の時間などについて

ホームヘルパー2級のための講座の勉強時間ですが、130時間と決まっています。
ですが、そのうちの40.5時間は通信教育でも学ぶことができるので、自宅で空いた時間で学ぶことができます。
専用のテキストがあり、それに従って学ぶことになります。

ホームヘルパーの資格はこのようにして取ることができます。
勉強はこなせば良いというものではなく、今後のホームヘルパーとしての仕事に直結する内容でもあります。
そのためしっかりと吸収することを意識しながら学ぶと良いでしょう。
それは後になって良かったと思えるようになるはずです。