ケアマネになるには?どんな資格や勉強が必要なの?

299702

ケアマネになりたい方に

介護業界で仕事をしている方の中にはケアマネを目指す方もいると思います。
現場での仕事もやりがいがありますが、施設のリーダーとしての存在であるケアマネになることで、さらに介護の仕事を広い視点で見ることができるようになります。
もちろん収入もアップすることが期待できるので、検討してみるのもおすすめです。

ケアマネになるためには資格が必要です。
資格のためには勉強をする必要がありますが、どんな資格や勉強が必要なのか分からないという方もいると思います。
ここではケアマネになるために必要な資格や勉強についてご紹介します。
ぜひ参考にしてあなたもケアマネを目指してみてほしいと思います。

ケアマネになるために必要な資格

ケアマネになるために必要な資格は介護支援専門員証という資格です。
これには介護支援専門員実務研修受講試験という試験を受けることが必要になります。
試験のためには必要な介護の専門知識を学ぶ必要があり、試験を受けて合格点に達すると次に実務研修があります。

介護業務は知識だけでは実際の現場で活躍することはできません。
しっかりとしたスキルとして身につけておく必要があるため、実務研修が設けられています。
実務研修は32時間以上となっており、それほど長くはありませんが、必要なことを身に付けるのに必要な時間のため、今後のための大切なことを学べる時期と思ってしっかりと取り組むことが大切です。
こうして勉強、試験、実務研修を終えるとケアマネになることができます。

勉強の段階から考えると時間も費用も必要ですが、今後のさらなるキャリアアップのためには必要なことと考えて取り組むのがおすすめです。
また、ケアマネの試験の難易度は、すごく高いという訳ではありません。
もちろん誰でも合格するような簡単なものではありませんが、必要な基本的な知識を一通り学んで身につけておけば多くの方が対応できる問題と言えます。
また、満点である必要はなく6割ほど取れれば合格点に達します。

介護支援専門員実務研修受講試験は大きく2つの分野に分かれており、介護支援分野と保健医療福祉サービス分野という分野があります。
介護支援分野は25問あり、13問ほど正解で合格点に達します。
また、保健医療福祉サービス分野は35問あり、25問ほど正解で合格点です。
このように満点である必要はないので、対策をしっかり練っておきましょう。

書店や通信教育で勉強を

ケアマネになるための勉強を始めようと思ったら、まずは書店や通信教育を検討するのがおすすめです。
ケアマネになるための勉強ができるテキストなどが販売されているので、チェックして取り組めると思ったものを購入、申込みすることをおすすめします。