介護職員初任者研修の資格の取得方法!

介護者としての最低限の知識

介護職の仕事をするならば、最低限の知識と技術を学ぶための資格であり、以前はホームヘルパー2級と呼ばれていました。
介護の仕事に就くならば、最初に取得するのが良いと言われています。
資格を取得するならば、厚生労働省認定の基準を満たした、事業所でカリキュラムを受講します。
受講後、試験に合格すれば、修了となり、資格を取得できます。

もしも取得したいとなると、通信講座を受けるか、自宅で独学で学べます。
ただし、どのような場合でもスクリーニングは必須となっており、資格取得までは、学校に通うことも必要となってきます。
仕事をしていれば、夜間コースを利用得きるでしょう。
介護技術は演習を通じて学び、わからないことがあれば、先生に聞くと良いでしょう。

介護の仕事をするまでに首都するのが好ましいですが、働きながらでも取得可能であり、時間に都合の付けやすいパートで働きながら、学ぶのが良いです。
また訪問介護の仕事をするならば、この資格は必須です。

資格取得に必要な知識

介護の経験がないような人でも、資格を取得できるようになっており、介護の基本を学ぶと取得しやすいです。
難しい内容はなく、介護を必要な人に、優しく接しましょうという内容になっています。
勉強でのテキストでは、認知症の方についてや、高齢者の体の状態についても学びます。

・職務について

介護の種類を学び、どのようなサービスが行われるのか知っていきます。

・自立支援

介護を行うというのは、利用者の生活支援とはなりますが、それは最終的には自立を目指すものです。

・コミュニケーション技術

介護を行うにはコミュニケーションは必須です。
それは相手が何を言おうとしているのか、何を求めているのか知ることにもなります。
ただ、高齢者は意思疎通を行えないこともあるので、コミュニケーションでは工夫も必要です。
言葉にのみならず、気持ちや態度でもコミュニケーションします。

・老化について

介護を行うならば、老化についても知っていきます。
高齢者は、若い人とは違い、老化によって体力も精神力も衰えており、運動能力や反射神経も衰えています。
体を動かしにくくもなっており、このようなことを知らないと、上手く介護が出来ません。

・認知症

高齢になって認知症になる方もいます。
認知症の症状も様々で、軽度な物から重度まであり、健康な人には理解できないような行動をすることもあります。
物忘れも激しいので、そのような事を理解してあげないと、意思疎通も上手くいきません。
意味のないような行動をすることもありますが、それは本人にとっては何かを伝える動作であり、介護をするには、何を言いたいか理解するように努めます。