施設内で亡くなった時にあると助かるエンディングノート

介護施設や老人ホームで重篤になった入居者さんは病院へ搬送されることが多いのですが、最近では施設内で看取ることも増えてきました。看取ったあとの介護士の作業や、親族へのフォローをスムーズに進めるためにも、事前にエンディングノートを付けてもらうと便利です。ここでは、亡くなった時の流れや葬儀について、エンディングノートの記載方法を紹介していきます。

施設内で亡くなった時の流れ

入居者さんの最期を看取ったあとは、ご家族にたくさんの手続きをして頂く必要があります。最近では、介護施設にも看取り士や、専門の資格を持った人が常駐しているので、施設内で最期を過ごされる方も少なくありません。病院ではなく施設で亡くなった場合の手続きや流れを説明します。

亡くなった際の介護施設での流れ

  • エンゼルケア
  • 死亡診断書
  • 葬儀社へ連絡
  • 安置所へご遺体を搬送

死亡宣告が行われると、エンゼルケアを行います。エンゼルケアとは亡くなる前に装着していた器具や装置を外したり、創傷部位の手当、口腔内消毒、腔部の詰め物処置、清拭、容姿を整えたりすることです。
次に、死亡診断書をご家族へお渡しし、葬儀社へ連絡してもらいます。
安置所までは施設側が搬送することもありますが、葬儀社が決まっている場合は行いません。安置所へご遺体を搬送してもらったら介護施設での作業は完了です。
その後、ご家族は親族へ訃報の連絡や、葬儀会社と葬儀の日程確認、内容の打ち合わせをして、葬儀を執り行います。

手続きや葬儀の方法

死亡届と埋火葬許可の申請が必要です。申請には亡くなられてから7日以内の期限が設けられています。この埋火葬許可の申請を提出しない限り、葬儀後の火葬や埋葬ができません。一週間の期日はありますが、早急に進める必要があります。葬儀社によっては、代行で提出してくれるところもあるので、確認しておくといいでしょう。

ご遺体を安置できてから葬儀社を選ぶという方が多く、施設や病院で紹介された葬儀社に連絡して契約、手続きを進めていきます。
故人がエンディングノートを書いている場合は、事前に葬儀社に事前予約していたり、執り行う規模や一般葬または家族葬などを決めたりしていることがあります。故人の意見を汲み取るためにもエンディングノートを確認してから葬儀の手続きを進めましょう。

事前に葬儀の相談をしておくメリット

介護施設のレクリエーションでは終活について考えてもらう時間があります。
自分の最期と向き合ってどんな葬儀にしたいかを話し合ってもらうと、葬儀についてあまり知識がない方が少なくありません。自身の葬儀のために事前に相談しておくメリットをまとめました。

ゆっくり説明が聞ける

葬儀社によっては訪問相談をしているところがあります。顔を合わせて説明を聞けるので、葬儀に関する分からないことを質問しやすいのがポイントです。事前相談や訪問相談をしても、その場での契約を強制されることはありません。相談時は見積もりを出してもらって、複数社を比較するのがお勧め。希望通りの葬儀が行える葬儀社を選びましょう。

希望に合わせられる

亡くなってから葬儀をどうしたいのか確認はできませんので、事前相談を済ませておくとスムーズに希望通りの葬儀が執り行えます。自由葬や音楽葬などをしてほしいという方は、対応できる葬儀社を選んでおくといいでしょう。亡くなったあとの手続きでバタバタしてしまって、思うような葬儀できなかったという親族の方も多くいます。事前相談を済ませておくと残された人の手間を減らせます。

葬儀費用が明確

費用の話も詳細に確認しておきましょう。残された親族は、亡くなったあとの動揺している状態で葬儀社から提案されるままに葬儀の契約をしてしまう可能性が高くなります。そんな状態で費用の話をするのは避けたほうがいいでしょう。葬儀会社の種類や、葬儀のスタイル、サービス内容はさまざまです。プランやオプションなど種類がたくさんあるので、事前に資料を請求して吟味しておくと、急な訃報にも安心して対応できます。

適した葬儀社を選べる

葬儀社はたくさんあるので、自分に合う葬儀会社は必ずあります。ただ、費用面やサポートなどがすべて希望に合う葬儀社を選ぶためには、時間が必要です。事前に複数葬儀社へ問い合わせてみたり、資料を請求したりして準備をしておくためには多少なりと時間がかかります。事前に下調べをしたり、見積もりを出したりしておくだけでも、精神的な不安を軽減できます。

エンディングノートを書いてもらう

看取ったあとのご家族のことや入居者さんの意思を考えて、エンディングノートを付けるよう勧めている介護施設が増えています。エンディングノートには書き方やルールなどはありませんが、次の項目を埋めておくと、親族の方が読んだ時に喜ばれます。また、事前に調べた葬儀社の種類や希望なども書いておきましょう。

自分について

名前や生年月日、本籍地などを書いておくと、誰のエンディングノートか明確になるので、最初は自己紹介をするイメージで、自分について書いてもらいます。他にも、趣味や特技、好きな食べ物などを記載しておくと、ご家族に喜ばれます。
自分について書く時に大事なポイントは、個人情報関連です。スマホやパソコンのパスワードや支払方法などを書いておくと、利用停止する際に手間が省けます。友人とお金の貸し借りがある場合も書いておくと良いでしょう。

ペットについて

普段のペットフードや、おやつの種類、散歩の時間やかかりつけの動物病院、ワクチンの接種情報などを書いておきます。
親族に引き取られる場合でも、里親に出さなくてはいけない場合でも、ペットのことが詳細に分かっていたほうが引継ぎやすいです。ペットのためにも詳細に書いてもらうようにしましょう。

医療・介護について

認知症が始まってしまうと、自分のことも忘れてしまう可能性があるので、持病やアレルギーがある場合は記載してもらいます。普段服用している薬の種類や、服用数なども書いておくといいでしょう。
また、延命治療を希望するかどうかや、死亡後の臓器提供を希望するかなども書いておくと、最後まで意思を尊重できます。

葬儀・納骨について

葬儀の種類や規模、参列してほしい人などを書いておきます。たとえば、家族葬がいいという方は、どの葬儀社が良いかも明確にしておきましょう。事前に予約や見積もりを出している場合は、見積書やパンフレッドなどを貼っておくのがベストです。
また、遺影に使ってほしい写真の選定もしておきましょう。良い写真が見つからない場合は、元気なうちに余裕を持って撮影しておくのもお勧めです。
菩提寺以外の場所へ納骨してほしい場合や、新しく契約した霊園などがあれば、名称や住所、連絡先など記載しておきます。

相続財産について

貯金や証券、不動産などを書いておきます。借金がある場合も隠さず書いてもらうと安心です。生命保険に加入している情報や、受取人、口座名義などもまとめておきましょう。遺言書とは別で、所有状況がどうなっているのかを明確にしておくと、相続する人も安心できます。
また、骨とう品や美術品をたくさん持っている方は、ひとつひとつの情報をまとめておくのもお勧めです。亡くなったあと、知らずに処分されてしまうのを防げます。

遺言について

エンディングノートに遺言書として記載しても法的に処理されない場合があります。そのため、この項目では、法的に認められる遺言書を作成している場合に、作成の有無や遺言書の種類、保管場所などを記載しておくと良いでしょう。

連絡先について

親しい友人の連絡先をメモしておきます。葬儀に参列してほしい人かどうかも書いておきましょう。
指名や住所の他に電話番号やどういった繋がりで、どういうタイミングで連絡が必要かを記載します。

家族へのメッセージ

面と向かっては言いにくいことや、普段伝えられていなかった感謝の気持ちなどをまとめておきます。
思い出の写真を貼っておくと家族が読んだ時に喜ばれますよ。

まとめ

介護施設や老人ホームで息を引き取られることも想定して、介護士も事前に知識を付けておく必要があります。葬儀の種類や流れ、エンディングノートなどの知識があれば入居者さんとのコミュニケーションが増やせるかもしれません。エンディングノートを付けてもらう施設も増えてきているので、提案してみてはいかがでしょうか。