介護事務管理士の資格の取得方法!

介護事務関係の資格

介護事務の資格の1つとなっており、介護報酬請求を行えるようになるなど、事務のスキルを持っていることを証明できます。
国家資格ではなく、民間団体の認定する資格です。
介護保険制度が始まった2000年にこの資格もスタートし、制度によって介護報酬計算が必要となったので、事務の需要増加に伴い、資格も出来ました。

介護事務の仕事をするときには、この資格はなくても行えます。
小さな事務所では介護スタッフが事務処理も行っており、大規模な事務所でないと必要とはならないでしょう。
もしも介護事務関係の資格を取得しようとおもうならば、働く事務所で必要なのか考えましょう。
事務処理や計算は、資格がなくても行えるので、資格を取得せず仕事をした方が、すぐ仕事に取りかかれることもあります。

介護事務の仕事は、国民健康保険団体に、介護報酬の請求を行い、その場合に給付管理票によってどのような介護を行ったか算出し、明細書を作成し、請求として提出します。
医療事務などでの、レセプト作成に似ているでしょう。
請求は月に1回行うので、医療事務と違い毎日行う必要はなく、その他の時は介護福祉士などと同じ、高齢者へのケアなどを行います。

介護事務の資格は、介護事務管理士とケアクラークの2つあります。
2つは名前は違っており、認定団体も違いますが、内容はほぼ同じです。
どちらも、介護での事務の知識を増やしたいという方におすすめであり、他の介護関係の資格も持っていれば、併用して役立てられます。

受験して資格を取る

資格を取得したいとなれば、資格試験を受験します。
受験資格として制限はなく、年齢や学齢などの制限もないので、誰でも受験できます。
試験は学科試験と実技試験に分かれており、学科はマークシート方式、実技はレセプト作成と点検を行います。
学科では、介護の専門用語や、保険制度などについて出題されます。

合格率は50%前後なので、他の事務関係の資格と比べると、難しいと言えます。
試験は年6回行われるので、その年に1回受験し不合格となっても、すぐにまた受験できます。
受験を希望するならば、試験日の1ヶ月前までに申し込みし、インターネットでの申し込みも可能です。
試験会場は全国で行われるので、近くの会場に行って受験すれば良いでしょう。

勉強は独学で行うこともでき、小論文やスピーチ、難しい実技もないので、独学で試験に合格することも可能です。
しかし、確実に試験に合格したいとなれば、通信講座がおすすめです。
通信講座であれば、最初からテキストが用意されており、試験対策も行うので、試験に合格しやすくなります。
通信講座ならば、家にいながら、勉強することが可能なのです。