レクリエーション介護士の資格の取得方法!

レクリエーションの資格

民間団体の認定資格となっており、介護関係の資格としては、初のレクリエーションに関する内容を学べます。
2014年に誕生した新しい資格となっており、高齢者のいる介護施設でのレクリエーションの行い方を学べます。
以前からレクリエーションは行われてきましたが、どのようにすべきか、ノウハウなどはなく、体系化もされていませんでした。
そのような事もあり、レクリエーションについて学びたいという声があり、この資格誕生となりました。

介護現場で働いてみると、レクリエーション担当となれば、何を行えばよいか迷うことも多いです。
どしても利用者の顔ぶれや、要介護度などの体の状態を見て決めないといけないので、これをすれば良いと一概には言えません。
出来るだけ利用者に楽しんでもらえる内容にすべきですが、利用者の人数によっても、何をすべきか違ってきます。
いくつもの要素を考えないとならないので、この資格を取得すると、実技スキルが身につくばかりでなく、一定の柔軟に対応するスキルも身につきます。

介護現場で働く人に役立つ

この資格には1級と2級があり、2級には受験資格はありません。
試験に合格すれば資格取得となり、介護業界未経験の方でも、受験して資格を取れます。
ただレクリエーションを行う時に役立つ資格なので、現在介護現場で働いている人向けです。
しかし、これから介護業界を目指そうと言う方も、先に取得しておいても損はないです。

2級であれば、2日間の通学講座、または3ヶ月間の通信講座で資格を取れます。
レクリエーションの企画を行うのみならず、高齢者とのコミュニケーションについても学びます。
1級は2級取得後に受験でき、4日間の講座、研修、現場実習などを終えると取得となります。
勉強するなら通信講座と通学講座のどちらかがあります。

・通信講座

約3ヶ月間の講座を受講することとなり、学習後に、自宅での試験を受けます。
筆記試験があり、50問出題され、60点以上正解すると合格です。
合格後は認定証を発行しますが、不合格となれば、無料で試験を再度受けられます。
ただ無料で受けられる期間があり、期間を過ぎると有料です。
仕事をしていない人や、仕事の合間に勉強して受験する方に向いているでしょう。

・通学講座

講座を行っている学校を探すこととなり、1日6時間の講座を2日間受講します。
通学だと2日間で試験を受けられるので、通信講座よりも、遙かに早く資格を得られます。
こちらも試験内容や合格基準は、通信講座と同じです。
ただ合格後は認定証を発行しますが、不合格となると、再度受験するときは有料です。
受講期間は2日間と短いので、仕事をしながらでも十分に講座を受けられます。